暦年がわりで1月から給与計算ソフトを導入しませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給与の計算は年末調整などが関係するため1月から12月のサイクルで考えることが多いと思います。

そのため、給与計算ソフトなどを導入する場合には1月からの新規導入をお勧めしています。

当社で導入支援をしている給与計算ソフトはTKCのPX2というソフトです。

家電量販店などでは販売されていないソフトで、TKCの会計ソフトFX2と連携し、毎月の給与事務にかかる時間が大幅に短縮できます。

戦略給与情報システム(PX2)は、給与計算業務の効率化・コスト削減はもちろん、賃金の適正配分の意思決定に役立つ戦略情報を経営トップに提供します。また、マイナンバーを“安全・安心”に管理できます。

会社の規模が小さくて会計ソフトにe21まいスターを利用している場合には、役員と社員、パートなどが10名以内であればe21まいスターにパッケージ化しているあんしん給与というソフトをそのまま利用することができます。

e21まいスターは、しっかり会計(財務処理)、あんしん給与(給与計算)及びかんたん請求(請求書発行)を一つのパッケージにしたシステムです。

各種法令改正に迅速に対応

いずれのソフトもインターネットに接続していれば最新の税率や保険料の料率にアップデートがされますので、常に法令に準拠した給与計算が可能です。

各種法令改正に、迅速・正確に対応いたしております。

また、マイナンバーについても安全、安心に保管できるようにご支援しております。

入力もれやミスのチェック機能も充実

また、入力もれや入力ミスをその場でお知らせするエキスパートチェック機能があり、エラーメッセージや確認メッセージで、ミスや間違いを防止することができます。

1人事務員で会計や給与計算を担当している中小企業にとってはこういったチェック機能が充実していると心強いと思います。

ウイルス対策プログラムも無償で提供いたしますので、PX2を導入しているパソコンについては別のウイルス対策ソフトの購入は不要です。

ウイルス対策ソフトはキャノンのESET系のセキュリティソフトを利用していますので安心です。

横浜パートナーズのスタッフが支援します

TKCのシステムは会計事務所のスタッフが運用を支援するというのが特徴です。

サポートセンターなどに電話で連絡をしなくても、当社のスタッフが随時サポートをいたします。

導入から運用まで、巡回監査担当者が徹底支援いたします。

是非、導入がまだの関与先の皆さまで1月から給与ソフトを導入したいとお考えであれば、巡回監査担当者までお気軽にお声掛けください。