事務所通信Conversation 8月号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所通信「Conversation」~お客様との双方向の情報交換のために~

当社では、お客様などに向けて事務所通信「Conversation」をお送りしています。

◎8月号の内容

「相続」
≪平成27年1月から改正相続税法が施行!≫

最近、新聞やテレビの情報番組などでやや過熱気味の報道がなされていますが、相続税の改正が平成27年1月から施行されます。
具体的には1月1日以降に亡くなった場合には基礎控除が縮小され、最高税率も55%にアップすることになります。

今月号の事務所通信ではこの相続税の改正内容について簡単に紹介しています。

「会計」
≪なぜ、証憑書類の整理保存が大切なのか≫

領収証や請求書などの証憑書類、帳簿につけて確定申告が終われば後はどうなってもいいわけではありません。
法人税法や所得税法で証憑書類の保存期間は決められていますし、整理して保存することは帳簿の信頼性を高めるうえでもとても重要なことといえます。
今月号の事務所通信では、「なぜ、証憑書類の整理保存が大切なのか」ということについて解説しています。

「税務」
≪夏祭りの協賛金等の税務上の処理≫

夏祭りや花火大会など地元のイベントに協賛金を支出することが多いと思います。
この協賛金は、寄付金的な意味合いともいえますし、交際費的な意味合いともいえますし、広告宣伝費ともいえるような性質となることが多いと思います。
寄付金については税務上は損金算入限度額が定められていたり、交際費も中小企業以外では原則は損金不算入です。
また、消費税の問題もあります。
今月号の事務所通信ではこの夏祭りなどの協賛金をめぐる税務について紹介しています。

◎税理士法人横浜パートナーズ/行政書士法人横浜パートナーズ

 当社は、横浜型地域貢献企業・経営革新等支援機関として登録されています。
   
・税理士法人横浜パートナーズ http://www.officeyps.jp/
・相続、資産税相談室 http://www.officenms.co.jp/
・横浜パートナーズ・NMSグループ http://www.officeyps.com/