事務所通信Conversation 10月号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所通信Conversation 10月号

事務所通信「Conversation」~お客様との双方向の情報交換のために~

当社では、お客様などに向けて事務所通信「Conversation」をお送りしています。

◎10月号の内容

「会計・税務」

≪会社と社長の金銭取引-公私の区別を明確に≫

中小企業では、社長の個人資金を会社にまわしたり、反対に会社の資金から立替て個人の支払いにあてたりということもあります。

公私混同という言葉がありますが、こうした会社と社長との間のお金のやりとりについてはきちんと処理しないと様々な問題を引きおこすことになります。

今月号の事務所通信では会社と社長の金銭取引について税務署や金融機関からどのようにみられるかということを中心に紹介しています。

「マイナンバー」

≪10月以降、通知カードと個人番号カード交付申請書が届きます。≫

いよいよ今月から国民一人ひとりにマイナンバーを通知する「通知カード」が発送されます。

簡易書留で住民票のある住所に世帯単位で郵送されるそうです。

今月号の事務所通信では、マイナンバー制度の受取、個人番号カードの申請などについて紹介しています。

「会計」

≪売掛金管理の徹底-黒字化、資金繰り改善のヒント-≫

資金繰りの改善や貸し倒れの防止のためには売掛金の管理が必要です。

今月号の事務所通信では資金繰り改善のヒントとして売掛金管理の徹底について紹介しています。

「労務」

≪自転車に対する規制強化への対応≫

通勤や仕事の移動に自転車を使っている方も多いかもしれません。

自転車に関する規制が強化されており、自転車事故に対する高額な賠償責任の事例も増えているようです。

今月号の事務所通信では自転車通勤を認める場合のトラブル回避方法について紹介しています。

◎税理士法人横浜パートナーズ/行政書士法人横浜パートナーズ

 当社は、横浜型地域貢献企業・経営革新等支援機関として登録されています。
   
・税理士法人横浜パートナーズ http://www.officeyps.jp/
・相続税、資産税相談室 http://www.officenms.co.jp/
・横浜パートナーズ・NMSグループ http://www.officeyps.com/