お盆こそ相続の話をしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週はお盆休みで夏季休暇の会社も多いようです。
税理士法人横浜パートナーズは暦通り休まずに営業していますが…
お盆で帰省して親戚縁者が一堂に会して食事や宴会をするというご家庭も多いと思います。
そんな席ではなくても、親戚が顔をあわせていろいろお話をする機会は通常の季節に比べて多いようです。
今年は相続税の増税をはじめとして、相続関係の書籍や雑誌が多く出版されています。
多くの方が関心を持っている話題でもあります。
帰省するとそんな話題がでることも多いでしょう。
少し前まではそんな話題はタブーとされていました。
「縁起でもない!」
私が子供の頃は母や祖母から怒られたものです。
でも、お元気なときに相続の話をしないほうが縁起でもないのです。
遺言がなかったばかりに万一のときに兄弟や家族が争うようなことがあるかもしれません。
そんなことがないように遺言の作成を検討したり、家族で親の世代に万一のときにどうするかを話し合うことが大事だと思います。
お盆の時期、家族が揃ったら是非相続や遺言について話をしてみましょう。