サイバー攻撃にどう立ち向かうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社から会計ソフトを導入のお客様には戦略経営者を無料送付

横浜パートナーズは株式会社TKCの会計ソフト、FXシリーズの導入を支援しています。

横浜市港南区の税理士法人横浜パートナーズです。相続税や相続対策、事業承継に強い税理士法人。TKCシステムと月次巡回監査で会社を強く、生活を豊かに!

そのTKCのFXシリーズを導入していただいた企業様には雑誌、戦略経営者を無料送付しております。

年商50億円を目指す企業の情報誌 戦略経営者 のウェブサイトです。TKC全国会に加盟する税理士・公認会計士が現場で行う経営助言のノウハウをベースに、独自の切り口と徹底した取材で、真に有用な情報だけを厳選して提供しています。

サイバー攻撃の脅威に備える

そんな戦略経営者の7月号に気になる記事がありました。

「サーバー攻撃の脅威」という見出しの特集です。

ランサムウエア、いわゆる身代金要求型ウイルスが最近、テレビなどでも取り上げられ、感染が拡大しているようです。

感染すると、画面いっぱいに英語の脅迫メッセージがでて、身代金として数万円の振り込み要求がでるというタイプのウイルスです。

当社のスタッフの家族もこのウイルスに感染したという話もありました。自分には関係ないかと思っても、実は結構身近な話なのです。

ウイルスの感染に注意

ランサムウエアの感染経路は、メール添付、改ざんされたウエブサイト経由、悪意のある広告経由などです。

その手口は巧妙化しており、以前のようにいかにも怪しいというものではなく、普通に操作していたらあるとき感染していた…ということもあります。

ウイルス対策はどうする?

戦略経営者7月号の記事に情報セキュリティ5か条が掲載されていました。

次のような内容になります。

  1. OSやソフトウエアは常に最新の状態にする
  2. ウイルス対策ソフトを導入する
  3. パスワードを強化する
  4. 共有設定を見直す
  5. 脅威や攻撃の手口を知る

TKCの自計化システムをご利用いただいている関与先企業のパソコンに「TKCウィルス対策プログラム」を無償で提供しています。

ウイルス対策ソフトだけでなく、他の対策も併用して、サイバー攻撃の脅威から会社を守りましょう!