事務所通信Conversation 3月号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所通信Conversation 3月号

事務所通信「Conversation」~お客様との双方向の情報交換のために~

当社では、お客様などに向けて事務所通信「Conversation」をお送りしています。

◎3月号の内容

「税務」

≪適用できる優遇税制はないか≫

法人の決算が最も多くなる3月末を控え、決算対策や税金対策を検討中の社長さんも多いかもしれません。
特に最近はアベノミクスの影響で企業が行った賃上げや設備投資についていくつかの優遇税制があり、上手に活用することで税負担を軽減することができます。
3月末に決算を迎える企業は活用できる制度があるかどうかの確認をしてみましょう。
今月号の事務所通信では所得拡大促進税制や生産性向上設備税制など中小企業でも適用可能な優遇税制について紹介しています。

「消費税」

≪4月から消費税のみなし仕入率が一部見直されます≫

平成27年4月1日以後開始事業年度から金融保険業、不動産業、不動産貸付業の簡易課税のみなし仕入れ率が見直されています。
私どものお客様で特に影響が大きいのが不動産貸付業、管理料のみなし仕入れ率が6種となり、40%の控除率になるところです。
今月号の事務所通信では4月から見直される簡易課税制度の内容について紹介しています。

「経営」

≪在庫管理はきちんとできていますか≫

会社の資金繰りでは在庫管理が大事というのはよくきくところです。
大事といっても具体的にどうすればいいのだろう…というのはなかなか他人に聞けないところ。
今月号の事務所通信では在庫管理の状況をチェックするチェックリストなどを掲載しています。

「労務」

≪知っておきたい社会保険への加入義務/社員の入社時に行う社会保険の手続き≫

春になると入社や退社など社員の動きが活発になります。
新たに社員が入社すると雇用保険や健康保険、厚生年金などの手続きが必要となります。

今月号の事務所通信ではそもそも社会保険に加入する義務があるのか、ないのか、社員の入社時におこなう手続きのリストなどを紹介しています。

◎税理士法人横浜パートナーズ/行政書士法人横浜パートナーズ

 当社は、横浜型地域貢献企業・経営革新等支援機関として登録されています。
   
・税理士法人横浜パートナーズ http://www.officeyps.jp/
・相続、資産税相談室 http://www.officenms.co.jp/
・横浜パートナーズ・NMSグループ http://www.officeyps.com/