財産承継ニュース 夏号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
円満な相続・贈与のための財産承継ニュース 夏号がでました。
当社では、そろそろ相続対策や資産承継の準備を…というお客様に「財産承継ニュース」を季節ごとに送付しています。
ご覧いただいてさらに詳しく知りたい!という記事等がございました当社担当者にご遠慮なくご質問いただければと思います。
vol.5 夏号の主な内容
○税金
 教育資金援助と相続対策のために関心が高まる 「教育資金一括贈与の非課税特例」のしくみと活用法
 平成25年4月1日から教育資金を一括贈与した場合の非課税特例がスタートしました。
 直系尊属から子、孫、曾孫などに対して1500万円の教育資金を贈与しても贈与税が課税されないという制度です。
 教育資金の援助というだけでなく、相続税の対策としても有効となります。
○相続対策
 相続対策はまず「財産のたな卸し」から
 相続対策を検討する第一段階は相続財産のたな卸しといわれています。
 どこに、どんな財産があり、いくらの価値なのか、相続税がどのくらいかかるのか…というようなご自身の財産の状況の確認が必要となります。
 税理士法人横浜パートナーズでは、相続税額を踏まえて、財産目録の作成やシミュレーション等のサービスを提供しています。
○相続事例
 ひとみ税理士の相続マル秘相談手帖(第5話)
 
 相続税が増税になる前に賢く贈与する
 -評価が低いものや非課税財産を贈与する-
 相続税対策で最も有効なのは暦年課税による生前贈与となります。
 ただし、民法による効果と税金のうえでの効果には多少の相違点があります。
○コラム
 
 かんたんストレッチ