財産承継ニュース vol.12 2015春号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

財産承継ニュース vol.12 2015春号

円満な相続・贈与のための財産承継ニュース 春号がでました。

当社では、そろそろ相続対策や資産承継の準備を…というお客様に「財産承継ニュース」を季節ごとに送付しています。

もし、相続対策や資産承継の準備をお考え中のお客様で送付されていないという場合には当社の担当者までご連絡ください。

また、ご覧いただいてさらに詳しく知りたい!という記事等がございました当社担当者にご遠慮なくご質問いただければと思います。

vol.12 冬号の主な内容

○贈与TAX

「平成27年度税制改正
 結婚・子育て資金や住宅取得等資金の贈与に関わる非課税制度について」
 
昨年末に平成27年度税制改正大綱が公表されました。

師走に行われた衆議院選挙の影響もあって全体としては小粒の改正ではありましたが、贈与については手厚い改正が行われています。

その一つが「結婚・子育て資金の一括贈与の非課税制度」の創設、もう一つが消費税の増税を睨んだ「住宅取得等資金贈与の非課税制度」です。

今回の財産承継ニュースではこの二つの贈与の非課税制度を取り上げて、制度の内容や改正の内容について紹介しています。  

○相続TAX

「養子縁組による相続対策の留意点」

代表的な相続税対策の1つとして養子縁組があります。

養子縁組をすることで法定相続人の数が増えることになります。

相続税は財産の額と法定相続人の数が重要な計算要素となるため財産の規模が大きく、本来の相続人の数が少ないほど効果は大きくなります。

今回の財産承継ニュースでは養子縁組による相続対策の効果と手続きについて紹介しています。

○相続事例

 ひとみ 税理士の相続マル秘相談手帖(第12話)

「子供に祝福される再婚のために…その2」

 中高年の方の婚活がテレビでも取り上げられるご時世ですが、資産家の再婚となるといろいろな問題も起こります。

 主なものは将来の相続についてでしょう…

 前回に引き続き、今回の財産承継ニュースでは再婚にあたって亡くなった妻との間の子供との遺産分割に向けた課題と解決策を紹介しています。
 
 今号は信託制度を活用した方法について紹介しています。
 
○コラム
 
 保証債務の相続に注意
 
 正しい座り方でストレートネックを防ごう

 
◎税理士法人横浜パートナーズ/行政書士法人横浜パートナーズ

 当社は、横浜型地域貢献企業・経営革新等支援機関として登録されています。
   
・税理士法人横浜パートナーズ http://www.officeyps.jp/
・相続、資産税相談室 http://www.officenms.co.jp/
・横浜パートナーズ・NMSグループ http://www.officeyps.com/