TKCモニタリング情報サービスの対応を開始しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TKCモニタリング情報サービスとは?

横浜パートナーズが、電子申告のあと、顧問先のお客様に代わって金融機関に決算書・申告書等のコピーをインターネット経由で提供するサービスです(もちろんお客様からのご依頼に基づく提供ですので、勝手に提供は致しません

これにより、金融機関へのスピーディーな決算報告が可能になり、金融機関との関係強化につながります。

TKC会員事務所と金融機関が連携して中小企業を支援するためのツールとして、3つのFinTechサービスの提供を開始します。

横浜銀行への決算書提供をスタートしました

平成29年度になって、従来は横浜銀行に紙の決算書をコピーをして持参していた関与先のお客様にお声がけをして、モニタリング情報サービスのうち「決算書提供サービス」の実施を行っております。

決算書等提供サービスとは、TKCシステム利用企業からの依頼に基づいて、法人税の電子申告後に、融資審査・格付けのために金融機関へ決算書や申告書等のデータを提供するサービスです。

当然、紙のコピーも決算書を持参することも不要となります。

電子データでのやり取りになるため、銀行側でも、紙の決算書からパソコンなどに入力する手間が省けるようで、スピーディな融資判断やタイムリーな資金調達や融資申し込み手続きの簡素化など、利便性向上につながる新たなサービスを開発・提供につながっていくようです。

まさにFintech時代の金融サービスといえます。

今後は月次試算表などに拡大

現在行っているのは決算書提供サービスのみですが、お客様のご要望があれば月次試算表提供サービスなどへも対応を拡大していきます。

また、今のところ実績としてあるのは横浜銀行のみですが、モニタリング情報サービスの対応金融機関の拡大とともに当社も対応をすすめてまいります。

是非、金融機関との関係強化にお役立てください。